眼精疲労は事前対策で防げる|食事で目の健康ガード

目を押さえる女性

つらい疲れ目をどうするか

目を押さえる男性

原因は何か

目が疲れたと感じることが多くなりましたが、眼精疲労を引き起こす理由も本当に数多くあります。昔に比べればパソコンを使った仕事も多くなりましたし、携帯もスマートフォンを使う人が増えてきたので、その画面をじっと見つめて昼夜問わず触っているのですから、疲れてしまうのも当然のことかもしれません。疲労や睡眠不足なども原因になりますから、早めの対策をすることも大切です。目がかすんだり、乾燥してきたように感じられたらそれも眼精疲労の症状かもしれません。そのうち治るだろうと放置をせずに、目薬をさしたり少しでもいいので目を休める時間を作るなど、目をいたわることが出来るような対策を取り入れていくことでも随分と楽になります。

症状や改善方法

眼精疲労の主な症状は、目のかすみや乾燥だけでなく体がだるいと感じやすくなったり、肩こりが起こったりもします。いらいらしやすくなるなど、心身に影響が出てくるのでもしかしたら眼精疲労かもしれないと意識するだけでもいい対策となります。実際の対策もいろんなやり方がありますが、物を見るときには力まないようにし、遠くを見たり姿勢を良くしましょう。蒸しタオルで目を温めたりツボ押しなども効果があるので、帰宅後のリラックスタイムにゆっくり行ってみて下さい。ツボは目の周りやこめかみ、そして首の後ろにもあるので、じっくりと続けていきましょう。いろんな対策方法がありますので、出来ることから初めて眼精疲労を軽減しましょう。